女性の起業

Webデザイナー飽和状態でも選ばれ続けるために大切な3つこと

Webデザイナー飽和状態の中で必要な3つのスキル

 

皆さん、こんにちは。フリーランス女子のためのWebコンサルタントPreshine有田絵梨です。私はフリーランス2年目くらいまではフリーランスや個人事業主のためのWebデザイナーとして活動していました。その中で、クライアントの9割が自身のブランディングやコンセプト設計が曖昧だと言うことに気づき、コンサルティングをメインに活動しています。

そんな中で、Webデザイナーさんからの相談も多く受けるようになりました。特に今はWebデザイナー飽和状態なので、集客ができない。申し込みがない。そんな焦りからのご相談も多くなってきています。彼女たちと話す中でも気づきや今後、もっとWebデザイナー飽和状態になっていく中でも、お客様に愛され、選ばれていく方法をお伝えします。

Webデザイナー飽和状態でも集客に困らない3つのスキル

Webデザイナーが飽和状態の今だからこそ、デザインスキルだけではダメなんです。集客に困っていない。申し込みが止まらない人気のWebデザイナーさんはみんなこのスキルを持っています。

ファーストヒアリングスキルで飽和状態でも選ばれるWebデザイナーへ!

Webデザイナー飽和状態の今必要なファーストヒアリング

ヒアリングの中でも特に重要なのが、ファーストヒアリングです。私は制作を受ける場合はまず無料の事前相談会を行います。その中でなぜサイトが欲しいのか。どんなサイトにしたいのかをWebデザイナーとして1時間しっかりお話を伺います。

新規集客を目的とするお客様が多いですが、サイトを作れば集客できる方とそうでない方といらっしゃいます。サイト作っても集客できない方はその前段階のブランディングができていないんですよね。その場合はそこからサポートさせていただくことも必要になります。

ポイント

サイトを作っただけでは集客できないことを伝えよう!

サイトを作っただけでは集客できないですよね?でもクライアント様の中にはサイトを作れば上位に表示されるとも思われています。そのためには何が必要なのかをしっかり説明できるスキルも大切になります。

できること、できないことを明確にしてお客様を安心させて作業を進めていくことが大切です。

お客様目線で意見が言えるWebデザイナーが飽和状態でも生き残れる

Webデザイナー飽和状態でもお客様目線で生き残ろう!

お客様というのはクライアントではなく、クライアントのお客様です。ここを履き違えてクライアント=お客様。お客様目線でサイトを作りがちなWebデザイナーは多いなと思います。特に個人事業主をターゲットとしたフリーランスWebデザイナーです。

Webスクールなどではテストで作るサイトもコンセプトやターゲットが明確になっていることもありますし、何よりサポートがありますよね。でも仕事となるとそうはいきません。見るのはクライアントではなくそのお客様ですのでユーザー目線でサイトを作るスキルが必要になります。

そしてそのユーザーも主観で考えるのではなくしっかりクライアントとペルソナを握って進めていく必要があります。なんとなくのペルソナではいけません。しっかり明確に作ります。

ここができていないWebデザイナー(クライアント目線で作りがち)が飽和状態だなという感じがしています。誰のためのサイトなのかを明確にして作り続ければ、ちゃんと活きたサイトを作り上げることが可能になります。

ブランディングサポートまでできるWebデザイナーが求められる!

Webデザイナー飽和状態だからブランディングサポートは必須

個人をお客様にする場合はこのブランディングコンサルスキルがマストです。ほとんどの方がコンセプトやターゲットに迷いがある場合があります。

結果、集客ができないからサイトがあった方が良いのでは?と思いご相談いただくケースもあります。そんな時にサイト以前のブランディングからサポートできるデザイナーはクライアントにとってとても心強いですよね!即決したくなるほど必要なWebデザイナーさんだと思います。

ただ、デザインを作るだけなら今はたくさんのツールがあります。デザイナーさんに頼まなくてもおしゃれで可愛いテンプレートはたくさんあります!

そんな中で、デザイナーに依頼する意味とはなんでしょうか?

しっかり方向性も整えてくれるwebデザイナーだけが必要とされる時代に入っているということを認識しましょう!

ブランディングまでできるWebデザイナーのなり方

ブランディングスキルがない方はそのスキルを身につけなければなりませんよね!残念ながらWebスクールでここをしっかりサポートしているところはとても少ないです。

カリキュラムにあったとしても触り程度です。しかし今はここをしっかりマスターすることが重要だし飽和状態のWebデザイナーの中で生き残っていくスキルとなります。

ブランディングまでできるWebデザイナーになる方法

ブランディングまでできるためにはブランディングを学びましょう。

  • 書籍で学ぶ
  • セミナーで学ぶ
  • コンサルタントから学ぶ

いろいろな方法があります。私のコンサル生も現状4割の方がコンサルスキルを学ぶために私からコンサルを受けています。そしてその中の6割がフリーランスWebデザイナーさんです。

気づいている人はもう動いています!コンサルスキルはデザイナー以外の仕事でも活きてきますし、フリーランスで活動する以上持っていて損のないスキルです!

Preshineからブランディングスキルを学ぶ方法

私のサービスで学ぶためには下記方法があります。

  1. オンラインスクール(キャンセル待ち受付中)
  2. 継続コンサル

さらにその前にまずは相談したい方のために個別相談も設けています!2020年、年内半額キャンペーンもやっていますので、是非ご活用ください!

合わせて読みたい
【半額キャンペーン】事業ステージを上げたいフリーランス女子のための個別相談

フリーランスの女性が事業ステージを上げるために必要なブランディングとWebをテーマにサポートしています。60分個別相談は単発で受講できるコンサルでこれから自分で事業を確立していきたい方や集客にお悩みの ...

続きを見る

Preshineの情報はメルマガorLINEから

Preshineの最新情報や先行案内はメルマガにて配信しています。

是非ご登録下さい♡

メルマガ登録はこちら

YouTubeでマインドやHow To動画を絶賛配信中!
コンサルを迷われている方はまず動画をご覧ください!私のコンサルスタイルを見て頂けます。

YouTubeチャンネル

  • この記事を書いた人

Preshine 有田絵梨

ウェディングプランナー・アパレルマネージャーを経て結婚を機に専業主婦に。産後自由な働き方をしたいと思い、フリーランスWebデザイナーとして活動を始めた。現在はフリーランス女子のためのWebコンサルタントとして女性起業家の皆様のブランディングとweb周りのサポートを行う。Youtubeやインスタで起業に必要なマインドやWeb系の情報を配信中。

-女性の起業

© 2020 フリーランス女子のためのWebコンサルタント Preshine有田絵梨