Webデザイン

LINEリッチメニュー画像の作り方

LINE公式アカウントに移行したら是非やって欲しいのがリッチメニュー作成です。リッチメニューとは画像ボタンのことで押したくなるような画像を自分で作ることが可能です。ここでは画像の作り方をご案内させていただきますね。

LINE公式アカウントのリッチメニューの作り方

リッチメニューとはLINE下に画像で表示されるメニューのことです。これはとても魅力だと感じています!各画像にリンクを貼ることができるので視覚に訴えることができます。

LINE公式アカウントじゃアメブロとインスタしかツールがない方にお勧め

ホームページを持たずアメブロとインスタしかない方は是非このLINE公式アカウントのリッチメニュー画像を使ってください。SNSだけしかないとユーザー(お客様)にとっては非常にわかりにくい導線となります。みたいところに一発でたどり着かないからです。そんなお客様がたをLINE公式アカウントに集めておけば、このリッチメニューから誘導することができます。

お客様が欲している、メニュー一覧・お申し込み先・アクセス方法などをアメブロに記事として書いておき、そのURLをこのメニューにリンクさせれば動線が整いますね!何よりLINE公式アカウントに来ていただければいつでもお問い合わせができる環境にもなりますし、お客様の申し込みや問い合わせのハードルも下げることが可能です。

LINEリッチメニュープレゼントと使い方

ということでリッチメニューをプレゼントさせていただきます。使い方に慣れていただくためにシンプルなものを作成していますが、是非こちらを用いて作成してみてください。

1.背景画像を選ぶ

リッチメニューにはこのようないくつかとテンプレートがあります。
*もっとバリエーションあります。
わたしはこの1枠ずつを作成して行くのだと勘違いして無駄な時間を過ごしました。1枠ではなく1枚の画像として作り上げる必要があります。

例えば下記画像だと6個作ると思っていたけど6個に分割されて見えるデザインを1枚作るって感じです。

リッチメニューのテンプレートについて

各テンプレートから選んだらデザイン

テンプレート毎に幅と高さのピクセル指定がありますので、その通りに作成する必要があります。この規定のサイズで作れれば何で作ってもOKです。わたしは仕事柄Photoshopで作りますが、何でも大丈夫。ここではわたし一押しの無料ツールCanvaをご案内しますね。皆様にプレゼントするリッチメニューをcanvaで作って、それを動画に収めましたので、ご覧いただき流れを把握していただければと思います。
*流れをわかっていただくために動画にしましたので説明等はございません。

作ったデザインを設置する方法

デザインが完成したらLINE公式アカウントの管理画面からリッチメニューに設置していきます。ここで注意なのが画像の容量が1MBまでということです。なので、下記動画にあるように1MGを超えた場合は画像圧縮が必要です。わたしがいつも使っている画像圧縮はこちらです。

https://www.iloveimg.com/ja

https://tinypng.com/

 

圧縮が終わったら設置していきます。設置して行く流れも動画に撮りましたのでご覧ください。
*URLのところは皆様にわかりやすくご案内するため文章を書いていますが、みなさんはご自身のURLを貼ってくださいね。

 

LINE公式アカウントリッチメニュープレゼント

自分で作るのが苦手・・という方はぜひ今回わたしが作ったこちらを使ってみてくださいね。画像のダウンロードは下記ダウンロードボタンからお願いします。

 

LINEリッチメニュー販売もやってます!

ワンコインで購入できるので、よかったらどーぞ!

https://filmuy.com/preshine/video/396370714

 

無料動画セミナープレゼント



SNS・SEOだけで毎月安定した売り上げを手に入れる方法動画セミナーをプレゼントしています!是非ご登録下さい♡

  • この記事を書いた人

Preshine 有田絵梨

ウェディングプランナー・アパレルマネージャーを経て結婚を機に専業主婦に。産後自由な働き方をしたいと思い、フリーランスWebデザイナーとして活動を始めた。現在はフリーランス女子のためのWebコンサルタントとして女性起業家の皆様のブランディングとweb周りのサポートを行う。Youtubeやインスタで起業に必要なマインドやWeb系の情報を配信中。

-Webデザイン
-

© 2020 無料集客で安定した売り上げを手に入れる方法。女性のための起業コンサル