Webデザイナー講座 コンサルタント養成講座 女性の起業

Webデザイナーの需要はなくなる?選ばれ続けるために必要なこと

フリーランス女子のためのWebコンサルタントPreshine有田絵梨です。私がデジタルハリウッド渋谷校に入学したのは2016年10月ですが、その当時からWebデザイナーの需要はなくなるのでは?といった記事を目にしていました。

今はさらにWebデザイナーなくなる系の記事が多いなと感じています。その理由をご紹介し、本当のところはどうなのかといった話もしていきたいなと思います。

Webデザイナーがいらなくなると言われている理由

個人が個人で発信することが当たり前になってきた今、デザイン素人の方でも簡単に素敵なデザインを作れるツールが増えてきました。私自身も独学時代に使っていて、今もコンサル生にご案内しているがあります。

Webデザイナーに頼らずにおしゃれサイトが作れるWix

Wix・Jindo・amebaowndといったホームページビルダーは無料でテンプレートを触りながら自身のサイトを公開することができます。

テンプレートの良さはゴールのビジュアルが明確なので、素人の方も安心してさわれますよね。デザイナーとの打ち合わせでは参考サイトも見せてはいきますが、スタートからどんなゴールになるのか100%はわからないので、テンプレートがあると良いという方も実際多くいらっしゃいます。

私自身もWeb制作をしつつもそのようなご要望にお応えしてWixのテンプレート販売(動画解説付き)も行なっていますが、じわじわと購入される方が増えてきたのも事実です。

サイトだけでないWebデザイナーいらずのデザインキット Canva

そして、もう一つ人気のツールがCanva

プレゼン資料・インスタ投稿・Youtubeサムネイル等あらゆるテンプレートが入っていて、デザインもおしゃれ。写真素材も有料会員になると素敵な写真ばかりで写真素材探しにあちこち見に行く時間もいらない。

正直WixとCanvaがあれば、Webデザイナーがいなくても自身で作成することはできるので、そういう点からいくとWebデザイナーなくなる?というのはあながち間違ってはいないのかもしれません。

https://www.canva.com/

 

では本当にWebデザイナーはなくなるのか?

結論から言うと、なくなることはないと思います。それは私自身がデジタルハリウッド渋谷校でデザインを8ヶ月学んで感じたことでもあります。

Webデザイナーはデザインするだけが仕事ではない!

Webデザイナーというのはデザインするだけが仕事ではないんです。もっというとクライアントの言われた通りにデザインするわけではない。

  • Webサイトを作る意味
  • そのWebサイトを誰が見るのか?
  • Webサイトへはどこからやってくるのか?
  • Webサイトに来た方にどんなアクションをして欲しいのか?
  • 実際どんな方がどのような理由でWebサイトに来たのか検証サポート

もっともっとありますが、上記内容を汲み取って、クライアントに提案し、クライアントと2人3脚で活きるWebデザインを作ることが大切です。

そしてそれはデザインツールだけではできないことですよね。

Webデザイナーの需要がなくなる時代に選ばれ続けるために必要なこと

これからもっとデザイナーいらずの便利なツールが出てくると思います。そんなWebデザイナーの需要がなくなる時代にWebデザイナーとして選ばれ続けるために必要なこと。それは下記スキルです。

  • プロモーションスキル
  • コンテンツスキル
  • コミュニケーションスキル
  • コンサルティングスキル

プロモーションスキル

自分はこれだけのことができる!誰のためにこんなサービスができるといったプロモーションスキルが必要です。待っていても誰もあなたを見つけることができません。見つけてもらうためのアクションが必要。

  • InstagramのようなSNS
  • スキルを魅せられるブログの活用
  • 制作実績を集めたポートフォリオ

このようなものも立派なプロモーションスキルですね。

コンテンツスキル

クライアントの要望を汲み取ってコンテンツを構築して上げられるスキルも必要です。クライアントの多くがまだサイト内に入れたい情報を整理できていない状況です。ヒアリングの中でコンテンツを構築してあげることで、デザインだけでなく情報整理、ビジネスの整理も提供して上げられます。

コミュニケーションスキル

あなただからお願いしたいと言われるデザイナーになるためにはスキルだけでは難しいです。クライアントと円滑に制作を進めていくコミュニケーションスキルは必要です。同様に同業とのコミュニケーションも大切。デザイナーとして一人で全てを請け負うのではなく、コーディングやシステムといった横のつながりを持つことで、お客様に提供できるサービスの質も量も増やすことができます。

コンサルティングスキル

これが最も重要だと私は考えています。上記に記しているように、そもそもなぜそのサイトが必要なのかといったところからクライアントと考え、時には別のWebツールでの構築を提案できるようなコンサルティングスキルが求められます。デザインツールでは引き出せない、クライアントの想いやサイト完成後の運用、活きるウェブサイトになるための提案力、そして何よりウェブを通じて事業ステージを上げていけるようなコンサルティングスキルが求められます。

クライアントの多くがWebサイトを作れば集客できると思っている

皆さんはご存知のようにWebサイトを納品しただけでは集客には繋がらないですよね。その後の運用も必要ですし、活きるサイトになるためのコンテンツ設計がとても重要なのです。それらをクライアントに理解していただくことで、活きたサイトを制作することが可能になります。

この部分はデザインツールにはできないことですし、これからの時代のWebデザイナーに求められるスキルになります。

Webデザイナーはなくなる?無くなっても需要は絶対にある!

いわゆるデザインするだけのデザイナーはなくなると思います。しかしそれ以外の価値を提供できるデザイナーは選ばれ続けます。

現に私はデザインスクールを卒業してから今の今まで制作のお仕事が途切れたことはありません。もっというとご依頼が多く、現在はチームで制作を承っています。大切なことはなんのためにWebデザイナーになるのか?誰のためのWebデザイナーになるのか?まずはそこを明確にして、その上で必要なスキルを身につけていくことが大切ですね。

 

Preshineの情報はメルマガorLINEから

Preshineの最新情報や先行案内はメルマガにて配信しています。

是非ご登録下さい♡

メルマガ登録はこちら

YouTubeでマインドやHow To動画を絶賛配信中!
コンサルを迷われている方はまず動画をご覧ください!私のコンサルスタイルを見て頂けます。

YouTubeチャンネル

  • この記事を書いた人

Preshine 有田絵梨

ウェディングプランナー・アパレルマネージャーを経て結婚を機に専業主婦に。産後自由な働き方をしたいと思い、フリーランスWebデザイナーとして活動を始めた。現在はフリーランス女子のためのWebコンサルタントとして女性起業家の皆様のブランディングとweb周りのサポートを行う。Youtubeやインスタで起業に必要なマインドやWeb系の情報を配信中。

-Webデザイナー講座, コンサルタント養成講座, 女性の起業

© 2020 フリーランス女子のためのWebコンサルタント Preshine有田絵梨